Cross-Column2

社交ダンス

2016年8月1日月曜日

スローフォックストロット:送り出す足(サポーティングフット、支持足)でカウントを取る! 社交ダンスYouTube動画


スローフォックストロット・ベーシックのカウント付き社交ダンス動画(PC版)

  スローフォックストロットのスローモーション動画です。↑クリックして下さい! 全画面表示可


スローフォックストロット・バリエーションのカウント付き動画(PC版)

  スローフォックストロットのスローモーション動画です。↑クリックして下さい! 全画面表示可


檜山ダンススクール【社交ダンススクール】東京都世田谷区の社交ダンス教室


関連リンク カウント先生1-8

アスティックサウンズ:社交ダンス DVD ダンスシューズ CD 貸しスタジオ



【amazon】カウント先生 スローフォックストロット

【amazon】檜山浩治




Google 検索 - スローフォックストロット 動画


スローフォックストロット ベーシック ルーチン スローモーション 動画

Sカウントの歩幅は広くてQカウントの歩幅は狭いと考えがちですが、これは間違いで
例えば、フェザーステップは3歩目右足の歩幅が一番大きい。着きそうで着かないでもう一伸びする!
スリーステップも同じ。

顔が常に左に向けられている、回転後も顔の向きは左にキープされている。
着地する寸前の着地する脚の膝は「ほとんど真っ直ぐ」。(女子ヒールターンの3歩目も)
前進する人の身体は常に後傾である(女子リバースターンの3歩目も4歩目も)
後退する人のロワーの時は身体はもの凄く前傾である、その後も前傾しっぱなしである。
前進から後退へ、後退から前進へ、この切り替わりの時だけ上体は垂直になる。
ヒールターンに入るまで物凄く前傾でヒールターンの途中で目茶目茶後傾に変わっていく。
この時の目線というか顔の向きというか見える景色が宇宙的壮大さで超快感。
前進する人が相手のお腹の下に潜り込んで太股の後ろの筋肉で上へ押し上げる。
後退する人がみぞおちのインナーマッスルを使って相手を自分のお腹の下に招き入れる。
スウェイやCBMPが必要以上に強くない。
女子の肘が自らのインナーマッスルの力で男子の腕より浮いている。
腕や手で男子に負担をかけるなんて発想からして大間違いである。
アンダーバストから頭のてっぺんまでのシェイプは大変ではあるが、これが当たり前にできるぐらいにならないと胸から下、腰までの身体の前傾とか後傾の仕組みが見えて来ない。
リバース・ターンの男子2歩目の着地を急いではいけない。
また2歩目3歩目の歩幅は無理に大きく開かれる必要はない。

第1クイックの足(膝)はその前のスロ-カウントの間にさっさと前(後ろ)に抜いていけば、動きが止まらないし、距離も伸びる。但し、特に前進の時はこの時も前に突っ込んではいけない。

カウントと映像を百万回見比べないといけない。
ワンのワで、フォーのフで、足のつま先はどうなっているか、頭のてっぺんはどこを指しているか?

スロー・カウントが真似ができない永さです。
足首、つま先の美しい捌き方、ここまで真似ができたらなあと夢。

人によって見えるものが違うと思いますが、スローモーション映像のおかげで見えないものが見えてきてありがたいです。

-------------------------------------------------------------------------------

こんなスローな曲で相手してくれる人がいればの話だけど、試してみたい。
しかし、スローフォックストロットをゆっくり大きく踊りたいと思っている女子は1人もいない。
で、スローフォックストロットをゆっくり大きなモーションで踊りたい時は、おかま的女子役として女を磨くしかない。
上手くいった時は今度生まれ変わるんだったら絶対女が良いと思っちゃうくらい快感。



2009.11.15 記

送り出す足(サポーティングフット、支持足)でカウントを取る!:スロー・フォックストロット編

社交ダンスのダンスパーティーやダンスホールでは今やブルースは踊られない。
なんせ演歌とかムード歌謡の曲が流されないのだからブルースがすたるのは当たり前。
「俺はブルースが好きだ」といくら叫んでも曲がかからないのだから抵抗のしようがない。

スロー・フォックストロットの曲でブルースを踊るのは可能だが、これは邪道。
ブルースにはブルースの曲でないとハートで踊れないからだ。
昔はブルースで一体感とか浮遊感とか味わえたのだが、
スロー・フォックストロット全盛の今はこういうものが全然味わえない。

しかし、時代には逆らえない。
社交ダンスのパーティーやダンスホールで生き残るためには
とにもかくにもスロー・フォックストロットを踊れるようにならないといけない。

過渡期なんだろうなあ、ブルースも踊れなければスローフォックストロットも踊れない。
でも踊らないといけない各人各人創意工夫のスロー・フォックストロット。

でもなあ、リバースターンをQQSとは踊りたくないし
スリーステップを全部Qとも踊りたくない。
リバース・ウェーブからバックフェザーを全部Sで踊るなんてこともしたくない。

DVDのスロー・フォックストロットのデモなんか見ながらカウントを取ってみるが
どうしても自分のカウントと踊り手のカウントとが一致しない。
芸術の域に達している踊り手のリズムを素人に判れと言う方が無理・・・。

と、思ってたら
社交ダンスに踊り慣れた人は
送り出す足(サポーティングフット、支持足)でカウントを取る
社交ダンスに踊り慣れてない人は
足が着地する時にカウントを取る

ガーン! 私は着地する時にカウントを取るものだと思っていた。

送り足でカウントを取るで外人ビデオを見ればなんとなくそんなような気もする。
「嘘か誠か、送り足でカウントを取る」に挑戦してみようか。。。...



カウント 支持足 OR サポーティングフット OR 送り足 - Google 検索



2012.01.01 更新 2009.11.15 初稿



ベーシック 基本 フィガー 足型 YouTube 動画 スローモーション 初心者用
ヒールターン heel tur nwalk ウオーク ウォーク カウント タイミング

スローフォックストロット:送り出す足(サポーティングフット、支持足)でカウントを取る! 社交ダンスYouTube動画



スローフォックストロットの目次

社交ダンスYouTube動画モダン(スタンダード)の目次teacup






(社交ダンス sho)Blogger



300x250


300x250